バスソルトの正しい使い方や分量について

what-is-bath-salt
目次

バスソルトの正しい使い方や分量について

A子さん

バスソルトってなんだろ?バスソルトについて詳しく知りたいな!

というような疑問をもたれている方は多いかもしれませんね。

ここ最近バスソルトがすごく人気があります。

人気の理由の一つには、バスソルトの効果や効能が関係しているようですね。

aki

セレブの方たちが使っていることも人気の理由みたいだよ。

で、今回はそんなバスソルトを徹底的に見ていきたいと思います

『バスソルトってなんぞや?』について深堀をしていきます!

関連記事 冷え性に効くバスソルトってある?そもそもバスソルトってどんな効果?

関連記事 メディアで話題の入浴剤!イルコルポのミネラルバスパウダーの効果や口コミ

バスソルト使い方や分量について|歴史について

what-is-bath-salt

紀元前2700年頃には、中国でさまざまな種類の塩、抽出法と使用法の書物が書かれた。古代ギリシアの医者ヒポクラテスも患者を海水に浸して様々な病気を癒し、仲間の癒し手たちに塩水の使用を勧めた。

引用元:Wikipedia
A子さん

そんな昔からバスソルトってあるんだ、ちょっとびっくり!

aki

海水は皮膚の洗浄効果にすぐれているらしいよ。

塩そのままでも入浴剤として使えますが、現代ではより使いやすくするため、アロマオイルやハーブを混ぜて作られているものが多いです。

バスソルト使い方や分量について|種類について

what-is-bath-salt

バスソルトには大きく2種類あります。

天然塩のバスソルト

名前の通り天然の塩になります。

ヒマラヤ岩塩死海(デッドシーソルト)海塩などでとれる塩のことで、塩化ナトリウムが主成分となっています。

天然塩のバスソルトは、産地によって得られる効果や効能に多少違いがあるんですよ。

エプソムソルトのバスソルト

15~16世紀にイングランドのエプソムという町で発見されたため、エプムソルトっていう名前が付いたようです。

そんなエプソムソルトのバスソルトは、実は塩じゃないんです!

A子さん

えー!そうなの?
見た目はバスソルトと似てるよね?

見た目は一緒ですね。

エプソムソルトを使ったバスソルトの主成分は硫酸マグネシウムというもので、天然塩のバスソルトに含まれているナトリウムの代わりに、マグネシウムが豊富に含まれてるんです!

名前に酸と付いていますが、酸性ではなく中性なので肌に優しいものになっています。

aki

天然塩のバスソルトよりも水に溶けやすく、しかも、ハリウッドセレブが美容のために使っているらしいよ。

A子さん

私もエプソムソルトのバスソルトを使えば海外セレブにみたいになれるかな?

aki

・・・・・

関連記事 末端冷え性がつらい!入浴剤のすすめ|冷え性とは?

関連記事 冷え性に効くバスソルトってある?そもそもバスソルトってどんな効果?

バスソルト使い方や分量について|どんな効果が期待できる?

what-is-bath-salt

天然塩のバスソルトエプソムソルトのバスソルトの主な効果

  • 血行促進
  • デトックス
  • 保湿
  • 冷え性対策
  • むくみ
  • リラックス

天然塩のバスソルトの中でも、死海(デッドシーソルト)の塩は発汗作用が高いとされています。

発汗作用を考えるのであれば、死海のバスソルトがおすすめですよ。

発汗効果を高めることで、ダイエットのサポートをしてくれます。

お肌スベスベ、キレイなボディーを手に入れよう!

【LINEの友達登録でクーポンをゲット】ジョルダニアン デッドシー ソルト

関連記事 お風呂に入りながらダイエットってどうなの?

関連記事 スマホ見ながらダイエット!大切なことは継続力です

バスソルト使い方や分量について|使い方と入浴方法

what-is-bath-salt

まずはお湯をためて、バスソルトを溶かしてから入浴をします。

バスソルトによって溶けやすさも変わりますよ!

お湯の温度

お湯の温度は少しぬるいと感じる38~40℃がおすすめです。

入浴剤とほとんど変わりませんが、基本はぬるま湯にゆっくりつかることで、バスソルトの効果や効能を感じることができますよ。

バスソルトの量

一般的な浴槽に40~50gを推奨しているメーカーが多いようです。

バスソルトの商品によってことなるので、入れる量を40~50gと鵜呑みにせず商品ごとに説明欄を確認ください。

A子さん

天然塩のバスソルトって塩だよね。浴槽が傷みそうだけど大丈夫なの?

天然塩のバスソルトは、塩なので使い方を間違えると浴槽も風呂釜も傷みますよ。

✔天然塩のバスソルトの注意点

  1. 追い焚きなどの循環機能は使えない
  2. 木製・ホーロー・大理石で出来た風呂釜では使えない
  3. 洗濯・洗髪には使えない

天然塩のバスソルトを使う際は気を付けてくださいね。

エプソムソルトのバスソルトは、商品によりますが上記の項目をクリアしている物もあるようで、香料や着色料不使用の商品が多いです。

天然塩のバスソルトに比べて肌に優しい点が特徴ですよ。

入浴剤間

入浴時間は全身浴であれば、15~20分程度の入浴時間で体の芯から温まることができます。

半身浴であれば20~30分程度の入浴で高いリラックス効果を期待できますよ!

関連記事 疲れたーお風呂で疲れをとりたい!効果的な入浴法は?

関連記事 体が冷えてつらい!お風呂で体を温める方法について”あなたの入浴方法は間違ってるかも”

バスソルト使い方や分量について|バスソルトの用途

what-is-bath-salt
A子さん

バスソルトの入浴以外の使い道を知りたいな。

足湯

脚がつかるくらいの桶に40℃のお湯を10Lほど用意し、40~45gバスソルトを入れます。

10~20分程度を目安に入浴しましょう。

足を温めることで、体全体を温めることができます。

途中でぬるくなったら、差し湯で調整してくださいね。

マッサージ

カサつきやすい幹部に直接に塗り込みます。

古い角質を除去する働きがあるので、お湯を加えながらマッサージしましょう。

バスソルトでふくらはぎのマッサージをすると、血行もよくなり肌もツルツルになりますよ!

一石二鳥の効果が期待できます。

✔マッサージする際の注意点

  • 強く揉まない
  • お湯を適度に混ぜながら使用する

できれば、粒が細かいものを選んだほうが使いやすいです。

関連記事 雪塩を使うと痩せる?便利な使い方3選を紹介

バスソルト使い方や分量について|まとめ

バスソルトについて、少し理解できましたでしょうか?

今回バスソルトの”使い方””入浴方法”などをお伝えしましたが、個人差があるので自分に合った入浴方法で楽しんでくださいね。

以上、『バスソルトとは、なんぞや?正しい使い方や量について』でした。

あなたのおうち時間が少しでも”豊か”になれば嬉しく思います。

関連記事 冷え性に効くバスソルトってある?そもそもバスソルトってどんな効果?

関連記事 メディアで話題の入浴剤!イルコルポのミネラルバスパウダーの効果や口コミ

what-is-bath-salt

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね‼
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる